開業後どのような税金が発生するかわかりません。またその支払い方法はどうなるかわかりません。

開業前は勤務先が税金を給与天引きして、年末調整してくれていました。しかしながら開業後は、先生の税金は当たり前ですが、従業員の給与に対して預かった税金も、先生ご自身が決められた時期に納付し申告しなければいけません。納税・申告が期限に遅れるとペナルティを課されてしまいますし、資金繰りの上でも納税時期・金額は大切になります。

 その年の診療所の収入から経費を差し引いた儲けを「事業所得」とし、他の所得をまとめて確定申告して、翌年の3月15日までに所得税を納めてください。一年間の税金が一定の額以上のときは、予定納税として前年税額を基にした金額を分けて7月31日と11月30日までに前払いすることが必要です。
 確定申告をしていれば住民税の申告は必要ではありません。市町村から届いた納税通知によって年間4期に分けて納付しましょう。

 診療収入の内容や収入額によって、消費税や社会保険診療以外の事業税がかかることも考えられます。また不動産などをお持ちの際には、固定資産税も納める必要もあります。

 その他先生ご自身の税金ではありませんが、従業員の給与や賞与から預かった源泉税は、翌月の10日までに納付してください。ただし従業員が9名以下の場合は、年2回に分けて納付することが可能になります。